Internet of Things

IoT開発、製造

IoTの製品化

オープンソースハードウェアにより、IoTの課題をソリューションいたします。

Wifi、Bluetooth、LPWA(省電力広域エリア無線)、SIMキャリアからケーブルLANまで要望に合った通信方法でデータ収集を行います。

また、収集したデータの統計、Web表示、メール、SNSでの警報や通知などのサーバー構築も扱っています。

弊社は低価格で対応エリアが広いLPWAであるSIGFOXのチャネルパートナーです。LoRaWANについても同様に、IoTデータ収集とWebブラウザによるデータ統計表示を行うことができます。

 

例 )SigFoxシールドにバッテリ駆動用のナノmAで動く省電力Arduino互換機をプロトタイプ作成し、電力のない山間部でのデータ収集実験を行いました。写真はお見せできませんが、実験後、SigFoxシールドとセンサ用シールドとCPUを一枚の基板に乗せた形にして、太陽光パネル(外注)で稼働しています。

収集したデータを月額数百円のレンタルVPSで、IoT機器のデータ収集とWeb表示 (Node-Red、Ubuntu, Grafana 他)、Web画面から警報メールを送るアドレスを登録し、データー異常時にメールでお知らせしています。

IoTの電波法、技適の取得

無線が必要なIot機器は、総務省の技術基準適合認定の設計認証番号を取得し、技適マークを表示しなければなりません。

 

 

市販されている技術基準適合認定品のWiFi、BLEの無線通信モジュールを使用した製品であれば、そのままリリースできますが、製品の横幅が8㎜幅であったため、市販のBLEモジュールが製品に入らない事例において、8㎜幅のBLEモジュールを設計して、中国で日本の技術基準適合認定を取得し、量産したケースがあります。

また、製品を量産する場合には、市販の無線モジュールを使用せず、無線チップを乗せた基板を設計し、技術基準適合認定を取得したほうが、数が多ければ、製品単価を下げることができます。

また、市販の無線モジュールについても安価に調達することもできます。

IoT無線通信機器の設計、基板製造、部品実装、量産についてご相談ください。