機構設計、ケース製造

3D-CAD設計、金型コストダウン、樹脂射出成形

国内で設計、中国で製造→コストダウンを実現

ケース設計

ご要望に合わせて構造、外観設計を実施可能です。
設計だけ、設計~試作まで、設計~試作~量産など、
様々な形態での対応が可能です。
また、以下のような対応も 行っています。
設計で困ったことがあれば、お気楽にお問い合わせください。
お問い合わせ、提案で費用が発生することはありません。


  • 機構部品の図面作成(バラシ)等も可能です。
  • 具体的な仕様書やデザイン等が無くてもご相談の上、提案致します。
  • 既製品ケース(タカチ電機工業など)を使用したカスタムケースの設計も可能です。
  • 裸の基板をケース(既製品改造、カスタム設計)に収納する設計も可能です。
  • 費用、数量に合わせた製造方法をご提案致します。

開発事例

①板金部品での設計

タッチパネルユニット板金構造での内部設計

タッチパネルユニット          板金構造での内部設計

・構造にもよりますが、小ロット製品の場合、板金加工品(タレパン)を組み合わせた構造を提案しております。

<メリット>  初期費用不要、ロット毎の変更にも対応可
<デメリット> 製品単価が高めです。

②既製品ケースを使用した設計

既製品ケース追加工(基板収納)        既製品ケース追加工(基板収納)

・小ロットで外装が必要な場合は、既製品ケースを追加工して収納する方法を提案しております。

<メリット>  1台からでも作製可能。塗装、印刷も可。
<デメリット> ケース廃番時は内部レイアウト再設計必要。

③一品物の設計

展示会出展用機器(ABS切削、塗装&印刷)

・樹脂、金属を機械加工(切削)か、3Dプリンターを使用した方法がありますが、
形状・大きさによっては作製コストも変わるため、製品に最適な設計・作製を提案致します。

<メリット>1台からでも作製可能。大型の物は接着での対応も可。塗装、印刷も可。
<デメリット>作製費用が高い。一般的に肉盗みをしないので重くなる。

④量産設計(インジェクション)

成型品ケース            成型品ダイヤル目盛り

量産設計品については製造・納品も可能です。また量産図面・量産フォローなど、スポットでの対応も可能です。
<メリット> 製品単価が安い。
<デメリット>金型費など初期費用が掛かる。ある程度まとまった製造ロットが必要(100程度から)。